フリーランスのコレって経費?

経費の相談もできるおすすめエージェント

おすすめエージェント3選!

おすすめエージェント3選!

経費に関することでも安心して相談できるフリーランス専門エージェントとして、「レバテックフリーランス」「ジョブリーフリーランス」「エンジニアルーム」の3社をご紹介します。3社のエージェントにはそれぞれの特徴があり、案件紹介以外のさまざまなサービスに力を注いでいます。気になるエージェントを見つけたら、会員登録をしてコーディネーターに相談してみることをおすすめします。

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバレジーズ株式会社が運営しているフリーランス専門のエージェントが「レバテックフリーランス」です。レバテックフリーランスの特徴は、ITに関する知識と経験が豊富なアドバイザーと企業対策の強さ、業界トップクラスとも言われる求人案件数の多さです。案件のほとんどがエンド直請けの案件ということもあって単価の水準も全体的に高めです。多い人だと月160万円の案件を請負うこともあるようです。それだけ高い単価で企業と契約できるのは、レバテックフリーランスの交渉力がハイレベルだからです。

フリーランスに対するサポート力も抜群なので、経理面に不安がある人でも安心して仕事に集中できます。

レバテックフリーランスに相談しよう

ジョブリーフリーランス

フリーランス専門エージェントの「ジョブリーフリーランス」が誕生したのは2015年。JavaやPHP、Objective-Cを利用したゲームやWeb、メディア開発をはじめとする幅広い業種との取引に自信があり、サービスを開始してから着実に利用者を伸ばしている勢いのあるエージェントです。ジョブリーフリーランスの特徴は、登録から参画までの流れが最短3日というスピード感とフリーランスとの丁寧なコミュニケーション、取り扱い案件の幅広さと単価の高さ、サポート力の高さです。コーディネーターはIT業界に精通したサポートのプロで、フリーランスの希望とスキルにベストマッチな案件をすぐに見つけてくれます。

ジョブリーフリーランスにしかない魅力溢れる非公開案件も見逃せないポイントです。

ジョブリーフリーランスに相談しよう

エンジニアルーム

「エンジニアルーム」は、株式会社シ・エム・シが運営しているフリーランス専門のエージェントです。1996年の設立以来、業界最大級の案件数を保有するエージェントとして多くのフリーランスに親しまれてきました。エンジニアルームの特徴は、平均で約5,000件にもなる首都圏最大級の案件数と神奈川、千葉、埼玉など、東京以外のエリアの案件にも強いことです。担当コーディネーターの対応も丁寧で、確定申告のサポートもあります。初心者向けの案件も多いことから、フリーランスになったばかりに人にも好評です。

支払いサイトは最短20日と他社を圧倒するスピード感も魅力です。

エンジニアルームに相談しよう

人気記事一覧

  • フリーランスがエージェントを利用するメリットとは?
    フリーランスがエージェントを利用するメリットとは?

    フリーランスがエージェントを利用するようになると、本来ならば自分でこなさなければならないはずの営業や交渉の手間を大幅に省くことができます。もっと自由な時間が増えれば、スキルアップや他の仕事を入れる余裕も生まれます。経費についてわからないことがあれば、エージェントに相談することも可能です。エージェントによっては、関係書類を提出するだけで確定申告が完了する税理士サポートを取り入れていることもあります。

    詳しく
  • 経理は毎月締めよう!月末チェックポイント
    経理は毎月締めよう!月末チェックポイント

    得意なことを活かしてフリーランスになったはずが、経理の面で苦しんでしまうというのはよくあるケースです。しかし、苦手だからと経理業務を1年分ためこんでしまうと、確定申告の際にさらに苦しむことになってしまいます。日々の処理が難しいなら、少なくとも月末には締めの業務を行って経費関係の書類などをまとめておきましょう。支払い忘れやプライベートの費用と経費が混ざっていないかどうかも月末によく確認しておきましょう。

    詳しく
  • そもそも経費ってなに?
    そもそも経費ってなに?

    フリーランスになると、節税対策を強く意識するようになります。少しでも税金を節約するためには、事業にかかる経費をもれなく計上することが大切です。経費について細かく考えていく前に、そもそも経費とはどのようなものなのかについての理解を深めましょう。自分では経費だと思わないようなものが経費になることもあれば、その反対もあります。法人とフリーランスの経費には違いがあるので、混同しないよう注意する必要があります。

    詳しく
特集記事