フリーランスのコレって経費?

フリーランスの経費と経理「100円ショップのグッズで保管」

領収書の保管は100円ショップのグッズでOK!

領収書の保管は100円ショップのグッズでOK!

領収書や各種明細、帳簿類などといった経理関係の書類をどこにどうやって保管するか迷ったら、高い文房具を買ってしまう前に100円ショップをチェックしてみましょう。ここでは、4つのアイテムだけで手軽に書類が保管できる方法をご紹介します。

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

用意するものはたったの4つでOK

用意するものはたったの4つでOK

必要なのは、封筒とリングファイルとファイルに合うポケットシートとインデックスシートです。この4つで書類を管理しておけば、税務調査が入るとなってから急いで準備する必要もありません。

領収書は貼らなくていい

領収書はノートにきっちり並べて貼り付けるイメージを持っているフリーランスは少なくありません。そのため、貼り付けている意味はわからなくてもとりあえず貼っているという人もいるでしょう。ズレないよう日付の順番に丁寧に貼り付けるのは悪いことではありませんが、不必要なことに時間をかけるのはもったいないことです。領収書を確認する税務署の人にとっては確認作業が楽になるのでいいかもしれませんが、貼り付けていないと領収書として認めないというわけではありません。貼ってあろうとなかろうと、経費になるものはなります。かといって、領収書をまとめて箱の中に入れておくようでも困ります。一番いいのは、領収書を月ごとに分けておくことです。
そこで活躍するのが100円ショップの封筒です。1月分から12月分までの封筒にその月の領収書を入れて保管しておきましょう。封筒に1月や2月とその月の数字を書いておけば何月の領収書なのかがすぐにわかります。医療費控除を受けるなら、医療費用の封筒も用意します。医療費の領収書は提出不要ですが、税務調査の際には必要なので他の領収書とは別に保管しておきましょう。

カテゴリー別にファイルにとじる

2つ穴のリングファイルにポケットシートとインデックスシートをセットしたら、その年度の確定申告書、青色申告決算書、総勘定元帳、仕訳帳、経費書類、請求書、明細書、通帳コピーかダウンロードした明細を印刷したもの、各種通知書などにカテゴリーを分けます。あとは各カテゴリーのポケットシートに関連書類をしまっておくだけです。もっとお金を出せば高機能のファイルやシートを買えるかもしれませんが、来るか来ないかもわからない税務調査の準備のためにたくさんのお金をかける必要はありません。年度を過ぎたらほとんど手に取ることもないこれらの書類は、100円ショップに売られている商品でも十分キレイに保管できます。ファイルにとじたい項目が増えたときのために、ファイルを簡単に増やせるリング式のものにしておくことをおすすめします。領収書が入った封筒や書類を保管するためのファイルなので、できるだけ厚めのものにしておくといいでしょう。

人気記事一覧

  • フリーランスがエージェントを利用するメリットとは?
    フリーランスがエージェントを利用するメリットとは?

    フリーランスがエージェントを利用するようになると、本来ならば自分でこなさなければならないはずの営業や交渉の手間を大幅に省くことができます。もっと自由な時間が増えれば、スキルアップや他の仕事を入れる余裕も生まれます。経費についてわからないことがあれば、エージェントに相談することも可能です。エージェントによっては、関係書類を提出するだけで確定申告が完了する税理士サポートを取り入れていることもあります。

    詳しく
  • 経理は毎月締めよう!月末チェックポイント
    経理は毎月締めよう!月末チェックポイント

    得意なことを活かしてフリーランスになったはずが、経理の面で苦しんでしまうというのはよくあるケースです。しかし、苦手だからと経理業務を1年分ためこんでしまうと、確定申告の際にさらに苦しむことになってしまいます。日々の処理が難しいなら、少なくとも月末には締めの業務を行って経費関係の書類などをまとめておきましょう。支払い忘れやプライベートの費用と経費が混ざっていないかどうかも月末によく確認しておきましょう。

    詳しく
  • そもそも経費ってなに?
    そもそも経費ってなに?

    フリーランスになると、節税対策を強く意識するようになります。少しでも税金を節約するためには、事業にかかる経費をもれなく計上することが大切です。経費について細かく考えていく前に、そもそも経費とはどのようなものなのかについての理解を深めましょう。自分では経費だと思わないようなものが経費になることもあれば、その反対もあります。法人とフリーランスの経費には違いがあるので、混同しないよう注意する必要があります。

    詳しく
特集記事